海外フォトコンテスト情報:5月

05

みなさん、こんにちは!

ONWARD JAPANがお届けする今月の海外フォトコンテスト情報では、6月に応募締め切りとなる写真コンペの情報を集めました。締め切りが迫っているものもありますが、興味のあるものがあれば、着々と応募準備を進めていきましょう。

今回お届けする京都・便利堂主催のHariban Awardは、昨年度に引き続きONWARDディレクターのイトウツヨシが審査員を務めています。昨年度の最優秀賞を受賞したAwoiska van der Molen(アヴォイスカ・ファン・デア・モレン)氏の作品は、本年度の京都国際写真フェスティバル KYOTOGRAPHIE 2015のアソシエイトプログラムとして、5月10日(日)まで展示されていますので、ぜひ足を運んでみてください!


Hariban Award

京都の便利堂は明治20年創業の老舗印刷会社で、ガラス板を使ったコロタイププリントを手がける日本でも数少ない工房。2013年には京都市内にコロタイプ専門の写真ギャラリーをオープン。最優秀賞に選ばれた作家は、京都の便利堂にて2週間滞在し、職人とのコラボレートによるプリントを制作。

応募締め切り:2015年6月30日
結果発表:2015年7月末予定(第1次審査結果通知)
応募資格:不問
応募費用:5,000円
応募内容:写真データ(12点)
ジャンル/カテゴリー:モノクロ写真

審査員:
• Micheal Hoppen(Micheal Hoppen Gallery)
• Amanda Maddox(J・ポール・ゲティ美術館、写真部門アシスタントキュレーター)
• Lucille Reyboz(写真家/京都国際写真フェスティバルKYOTOGRAPHIE主宰)
• Tsuyoshi Ito(Program Director, Project Basho / ONWARD)

賞品:
最優秀賞(1名)
• 京都にて2週間の制作滞在(渡航費、滞在費支給)。便利堂の工房にてコロタイププリント8作品を制作。
• 受賞作品を収録した公式カタログ(作品集)
• 2016年春、KYOTOGRAPHIEのアソシエイトプログラムにて作品展示。

審査員特別賞(若干名)
• 受賞作品を収録した公式カタログ(作品集)

工房賞(1名)
• 受賞作品を収録した公式カタログ(作品集)

詳細を見る »


Les Nuis Photographiques

9月〜12月にパリ20区のPavillon Carré de Baudouinにて開催される、今年で5回目を迎える写真イベント。公募部門では、オープニングの夜間スクリーニングイベントで上映される作品を募集。
応募要項はこちらから。

応募締め切り:2015年6月1日
結果発表:2015年7月20日予定
応募資格:不問
応募費用:€18
応募内容:写真の場合はデータをZIP圧縮。映像作品の場合はVimeo、YoutubeにアップロードしてURLを添付。作品ステートメント(400 words以内)、BIO(250 words以内)、他
ジャンル/カテゴリー:不問。写真または映像形式で応募。タイムラプス、ストップモーション等、写真を使ったマルチメディア作品もOK。

審査員:
• Pascal Beausse(In charge of the photographic collections for CNAP)
• Valerie Cazin(Director of Binône Gallery, Paris)
• François Cheval(Director of Musée Nicéphore-Niépce)
• Lucy Conticello(Photography’s director of M – Le Monde)

賞品:
The NUITS PHOTOGRAPHIQUES PrIze
• 賞金 €1,500

Special Prize award from l’œil de la photographie
• 賞金 €1,000
• l’œil de la photographie ホームページにてインタビュー&作品掲載

✴︎入賞者20名の作品は、9月17〜19日のオープニングのスクリーニングイベントにて上映。その際、30分以内の映像またはプレゼンテーションとしてまとめる必要がある。

詳細を見る »


FOTOFILMIC’15

カナダ・バンクーバーを拠点とするFotoFilmicでは、オンライン上でのオリジナルプリント販売や8×10のワークショップ、また若手写真家の紹介記事などを通じ、フィルム写真に特化した活動を行っている。

応募締め切り:2015年6月14日
結果発表:2015年6月15日
応募資格:18才以上
応募費用:35カナダドル(入賞した場合、展示費用として100カナダドル必要)
応募内容:写真データ(4〜10点)、BIO、下記の質問に対する回答文
 1) “Why do you photograph on film? / なぜフィルムで写真を撮影するのか?”
 2) “What is your work about? / あなたの作品について”
ポートフォリオとして使っているWebサイトまたはソーシャルメディアのURL、他
ジャンル/カテゴリー:フィルム写真。(インスタント写真含む。オルソクロマチック、リトグラフ、赤外線フィルムといった特殊技法もOK)

審査員:
• Ann-Christin Bertrand, Curator at C/O Berlin (Berlin, Germany)
• Yeonha Choi, Art Critic & Chief Curator at Space 22 (Seoul, South Korea)
• Jeong Eun Kim, Chief Editor/Publisher of IANN Magazine (Seoul, South Korea)
• Damien Poulain, Founder of Oodee (London, UK)
• Aline Smithson, Photographer & Founder of Lenscratch (Los Angeles, United States)
• Corinne Tapia, Director of Sous Les Etoiles Gallery (New York, United States)

賞品:
入賞者(30名)
• 2015年8月にNY、その後ソウルとバンクーバー(カナダ)にて作品展示。
• FOTOFILMIC’15カタログへの掲載。

詳細を見る »


National Geographic Traveler Photo Contast 2015

NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELERは、世界各地の魅力的な風景・リゾート地を取り上げている旅行雑誌。NATIONAL GEOGRAPHIC本誌同様、写真と記事のレベルも高い。受賞者にはコスタリカまたはアメリカでの撮影旅行が授与される。

応募締め切り:2015年6月30日
応募資格:不問。(キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア在住者は応募不可)
応募費用:$15 / 1点
応募内容:写真データ、キャプション
ジャンル:ドキュメンタリー
応募カテゴリー:
 1. Travel Portraits(旅行ポートレート)
 2. Outdoor Scenes(屋外の風景)
 3. Sense of Place(土地の感覚)
 4. Spontaneous Moments(思いがけない瞬間)

賞品:
1ST PRIZE:
• コスタリカおよびパナマ運河における8日間の撮影旅行(2名分の渡航費・滞在費含む)
• National Geographic Traveler magazine、ウェブサイトでの掲載

2ND PRIZE:
• イエローストーン国立公園における6日間の撮影旅行(2名分の滞在費含む。渡航費は受賞者負担)
• National Geographic Traveler magazine、ウェブサイトでの掲載

その他賞あり

詳細を見る »

過去の海外フォトコンテストの一覧 »

「いいね」と思ったら、シェアをしよう!

海外フォトコンテスト情報:5月”へのコメントが(2)件あります。

  1. 宮嶋康彦 より:

    たいへんごぶさたしております。お元気にご活躍されている様子、見聞きしていますよ。
    ぼくも海外のAWARDに応募してみようかしらんと思っています。
    そんなおりに、たいへん有用な情報を提供されていることを知り、利用させていただこうと思いました。
    どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

    1. ONWARD Japan より:

      ミヤザワさん!お元気そうで何よりです。ぜひ活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • あなたの受信トレイにブログの更新案内を!


    ONWARDではあなたの受信トレイに毎回のブログの更新案内を送っています。毎回のブログでは海外フォトコンテストの情報からアメリカでの写真の情報を幅広く発信しています。

    その他にもイベントやワークショップ、オンラインのセミナー、無料の写真コースのお知らせなど、購読している人にだけ届く情報が同時に送られてきます。(購読は無料です)

    Fill out my online form.